製品概要 弾性率と内部摩擦 自由共振式 多機能装置 薄板細線用 弾性定数測定 強制振動式
電磁超音波共鳴 高粘度計 疲労試験 医療機器 液晶検査 受託開発
ENGLISH 技術資料 会社概要 アクセス お問い合わせ   ←循環 循環→
薄板、細線ヤング率及び内部摩擦測定装置

TEGシリーズ

<薄板、細線測定用→TEGシリーズ>

 JE-RTでも試料によっては、0.2mm程度のものでも測定できる場合もありますが、相当熟練を要します。試料が薄かったり細いために、共振でなく強制振動で動きやすくなり振動が不安定で複数の振動が生じるからです。偽振動の発生を押さえるために、試料の一方を強制的に節になるようにします。すなわち、固定することです。この理由は難共振材の測定用のEGシリーズと同じです。
 EGシリーズとの違いは、試料が薄く、細いため剛性がありませんので、もう一方をフリーにして共振を得ることです。この装置では振動検出に独自の変位センサーを開発することによって装置化をすることができました。


参考仕様

※仕様は試料の物性によって左右されますので下記はおおよその目安です

型式

TEGシリーズ

測定方式

片持共振式固有振動法

測定項目

ヤング率(TE) 又は 剛性率(TG)

測定条件

室温専用(-RT型)、高温専用(-HT型)、低温専用(―LT型)
高温、低温用は試料サイズに制限があります。条件付で低温から高温へ連続測定装置もお受けします。

加振方式

非接触静電駆動式 (電気クーロン)

検出方式

変位検出方式 (高周波の時は音波検出方式)

振動数範囲

10Hz〜200Hz (特注対応可)

試料形状

薄板、細線
厚み又は直径は25mミクロン程度までの実績があります。
長さ等の寸法は試料の弾性率や剛性によって変わります。


←循環 循環→ ページトップへ